国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,789円 (-26)
プラチナ 3,541円 (-28)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,246.40ドル (-10.00)
NYプラチナ 916.60ドル (-12.80)

海外金市況コメント

6/26、ニューヨーク市場の金相場は下落。5月の耐久財受注額が前月比1.1%減と市場予想0.6%減よりも悪かったことを受けドル安が進行。これを眺めて金は買い戻され、終盤に下げ幅を縮小して引けた。MKSのトレーダー、アフシン・ナバビ氏は、COMEXで短時間のうちに金が1万8500枚(185万オンス)、銀が5500枚(5000オンス)売却されたことが相場急落の背景にあると指摘した。 MKSのトレーダー、バーナード・シン氏は「明らかに誰かが誤って売りを出して直ちに買い戻し、1250ドルを割り込むと損切りの売りが誘われた」と述べた。UBSのアナリスト、ジョニ・テベス氏は「流動性の欠如で相場急落が増幅された。一部のアジア市場が祝日で休場で、ロンドン市場だけが開いていたたことが背景にある」と分析した。