金 3,281円 (-8)

プラチナ 3,998円 (-57)

[11/6]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まりました。その後はドル建て現物相場のもみ合いを受けて小動きに。本日発表された10月の米雇用統計が10.2%に上昇。市場予想を上回る内容に。これを受けてNY外為市場では、ドルの先安感が強まり、ドルが主要通貨に対して弱含みました。プラチナはニューヨーク安もドル建て現物相場が堅調に推移し、午前中から買い先行となりました。午後も薄商いのなか、2ケタ高で推移しました。その後は期先から上げ幅を縮小。