国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,863円 (+11)
プラチナ 3,635円 (+45)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,280.20ドル (+10.10)
NYプラチナ 953.40ドル (+24.40)

海外金市況コメント

6/2、ニューヨーク市場の金相場は上昇。5月の米雇用統計は失業率が改善した一方で、景気動向を反映する非農業部門就業者数が13万8000人と市場予想18万5000人を下回るなど総じて低調。これを受けて外為市場でドルが対ユーロで下落したことで、金は買われて1280ドル台まで上昇した。RJOフーチャーズのストラテジスト、ジョシュア・グレーブス氏は「非農業部門の就業者数が市場を驚かせる結果になったことで、金相場は引き続き堅調に推移しそうだ」と指摘。「まずは1300ドルを目指すことになるだろう」との見方を示した。