国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,814円 (-2)
プラチナ 3,664円 (+10)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,236.40ドル (+6.40)
NYプラチナ 937.00ドル (+8.30)

海外金市況コメント

5/16、ニューヨーク市場の金相場は上昇。本日発表された4月の米住宅着工件数が低水準となったことや、米国の政治混乱によりユーロが対ドルで堅調に推移。引き続き北朝鮮情勢の緊迫化や、大規模なサイバー攻撃が世界各地で発生していることも支援材料となった。また、トランプ米大統領がロシア側に機密情報を提供していたとの報道を受けて与野党から懸念や批判の声が上がり、大型減税策など重要法案の議会通過が一段と困難になるとの見方が広がったことも金買いに繋がった。ロジック・アドバイザーズの共同創業者、ビル・オニール氏は、金相場の主要な支援材料について「ドルだと考える」と述べた。