国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,795円 (+16)
プラチナ 3,587円 (+2)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,227.10ドル (+0.20)
NYプラチナ 919.60ドル (+9.40)

海外金市況コメント

5/8、ニューヨーク市場の金相場は上昇。新規材料のない中、6月の米利上げ観測の高まりを背景に金は売られた。フランス大統領選で欧州連合との融和を訴える中道系独立候補のマクロン前経済相が圧勝し、これを受けて投資家がリスク回避姿勢を弱めて金は軟調に推移。ただ、終盤にかけて売られ過ぎによる買戻しから小幅高で引けた。ICBCスタンダードバンクのトム・ケンダル氏は「仏大統領選結果は大方予想されており、先週はかなりの手じまい売りが出た。現物への需要は根強く、相場が現在の水準近辺で支えられていることに驚きはない」と述べた。