国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,779円 (-60)
プラチナ 3,585円 (-25)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,226.90ドル (-1.70)
NYプラチナ 910.20ドル (+2.50)

海外金市況コメント

5/5、ニューヨーク市場の金相場は下落。4月の米雇用統計で失業率が改善した上に、非農業部門就業者数が21万1000人増と予想18万5000人を上回るなど総じて良好だったことから、米連邦公開市場委員会(FOMC)の6月利上げに対する警戒感が強まり金は売られた。ただ、7日に行われるフランス大統領選の結果発表を控え下げ幅は限定的となった。ABNアムロのアナリスト、ジョルジェット・ブル氏は「米雇用統計は予想より好調だった」と指摘。同時に「ドルが上伸しなかったため、金相場への下落圧力は小幅にとどまった」と説明した。