金 3,175円 (-20)

プラチナ 4,002円 (-20)

[10/27]金はニューヨーク市場でドル高を受けて急落。この流れを引き継いで売り優勢で始まりました。その後はドル建て現物相場が下げ一服となり、円高に上値を抑えられてもみ合いとなりました。終盤に株価が持ち直して小幅上昇に転じましたが、金にはほとんど影響を与えませんでした。プラチナはニューヨーク急落を受けて、ドル建て現物相場が下落したことから大幅続落となりました。