国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,832円 (-14)
プラチナ 3,636円 (-12)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,265.90ドル (+1.70)
NYプラチナ 948.80ドル (+0.30)

海外金市況コメント

4/27、ニューヨーク市場の金相場は上昇。トランプ政権が発表した税制改革案が具体性に欠けるとの見方から、投資家のリスク回避姿勢が強まり金は買われた。ただ、欧州中央銀行(EBC)のドラギ総裁による理事会後の会見を受けて、金融緩和解除観測が後退。ドルが対ユーロで上昇すると金は売られて上げ幅を縮小した。RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、ボブ・ヘイバーコーン氏は「昨夜からの追随買いがなかったことはECBに関係している。ドル高が金相場を圧迫した」と述べた。