金 3,227円 (-9)

プラチナ 4,120円 (-9)

[10/23]金はニューヨーク安となりましたが、ドル建て現物相場の下げ一服や、株高を受けて買い優勢で始まりました。その後は円安やドル建て現物相場の上昇を受けて、年初来高値を更新しました。週末は原油先物相場の続落で小幅下落。プラチナはニューヨーク安となりましたが、円安・ドル建て現物相場の上昇から堅調に推移しました。午後は現物相場の上昇とテクニカル要因で一段高に。