金 2,968円 (+25)

プラチナ 3,798円 (+29)

[9/28]金はニューヨーク市場で手じまい売りで下落。この流れや円高を受けて売り優勢で始まりました。その後は円高の一服を受けて、下げ幅を縮小する場面も見られましたが、ドル建て現物相場の反落に上値を抑えられ、午後に入ると安値もみ合いとなりました。プラチナはニューヨーク市場の金下落につれ安となり、円高を受けて売り優勢で始まりました。その後は円高の一服を受けて下げ幅を縮小する場面も見られましたが、ドル建て現物相場の反落に上値を抑えられました。午後に入ると円相場が円安に振れたことが下支えとなりました。米国の経済統計(GDP確定値や雇用統計など)の発表を控えています。