金 4,813円 (+19)

プラチナ 3,900円 (+29)

NY金 休場

NYプラチナ 休場

2/20、ニューヨーク市場の金相場はワシントン生誕日で休場。東京貴金属の金相場は続落。終値は、中心限月12月先ぎりが前週末比23円安の4470円、ほかは20~24円安。日中立ち会いは、円相場の上昇を受け売りが先行して始まった。その後は、ニューヨーク金先物相場の軟化と円の緩みの強弱材料の綱引きとなり、決め手を欠いたままもみ合った。東京ゴールドスポット100は20円安の4484円。銀は20~90銭安と軟調に大引けた。白金は続落。円高を受け安寄りした後、NYの水準切り下げを背景に軟調に推移したが、その後は円の緩みを眺め、下げ幅を縮めた。終値は、12月先ぎりが47円安の3634円、ほかは46~53円安。パラジウムは期先3限月が約定し、56円安~20円高で取引を終えた。