金 3,001円 (+62)

プラチナ 3,932円 (+102)

[8/21]金は下落。ニューヨーク安と円高を受けて反落して始まりました。その後は円高や株安が進んだことを受けて軟調となりました。プラチナは反落。ドル建て現物相場の下落・円高・日経平均株価の下落で大幅安に。一時は3ケタ安まで売られ、半月ぶりの安値を付けました。終盤に下げ幅を縮小しました。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演で「景気は底入れしつつある」との認識を示したことから、景気に対する楽観論が高まりドルは買い戻され対円で上昇して引けました。