金 3,039円 (+8)

プラチナ 3,957円 (+9)

[8/12]金・プラチナ共に下落。NY貴金属市場の金は下落しました。先日と同様、ドル高や原油安により売り優勢で始まりました。その後は円高に上値を抑えられて軟調となりました。午後にはドル建て現物相場の反落を受けて下げ幅を拡大。プラチナはニューヨーク安やドル建て現物相場の下落、円高から大幅安となりました。