金 3,054円 (-27)

プラチナ 3,979円 (-30)

[8/10]金・プラチナ共に下落。週明けのNY貴金属市場の金は下落しました。前週末に公表された米雇用統計の堅調な内容に好感し、外為市場でドルが対ユーロで上昇している事で安全資産としての金の魅力が薄れました。NY原油先物相場の軟調も売りにつながりました。プラチナは南アフリカ共和国でのストライキ突入の懸念が後退し、利食い売りに押されて下落して引けました。