金 3,042円 (-17)

プラチナ 4,011円 (+40)

[8/5]金は下落。プラチナは上昇。朝方はこれまでの上昇に対する反動による利益確定の売りと、NY原油先物相場の軟調に推移しましたが、終盤にかけて原油相場が上昇に転じると、金も買戻しが入り下げ幅を縮小して引けました。プラチナは南アフリカ全国鉱山労働組合が、南アフリカ電力公社のストライキを計画しているとの報告で上昇して引けました。