金 3,024円 (+11)

プラチナ 3,861円 (+60)

[8/3]金・プラチナ共に上昇。朝方は外為市場でのユーロ高や、NY原油先物相場の上昇を眺めて約3ヶ月ぶりの960ドル台の高値を付けました。終盤にかけて積極的な買いが継続しなかったことから、次第に値を削り上げ幅を縮小して引けました。プラチナも楽観的な景気見通し感から買いが先行して上昇して引けました。