金 2,960円 (-56)

プラチナ 3,749円 (-59)

[7/28]金・プラチナ共に下落。米住宅関連の経済統計は良好な結果でした。外為市場でドルが対ユーロで上昇。NY原油相場も軟調に推移しました。これらを眺めてファンド筋等の金売りが膨らんだようです。終盤に値頃感からの買戻しも見られましたが、下落して引けました。プラチナも金の下落につられる形で軟調に推移して引けました。