金 4,754円 (+14)

プラチナ 3,744円 (-2)

7/4、ニューヨーク市場の金相場は独立記念日の祝日で米国の商品市場が休場。東京貴金属の金相場は大幅続伸。終値は、中心限月2017年6月先ぎりが前週末比62円高の4440円、ほかが57~62円高。日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場の上昇を映し、高寄りした。その後、NY金の堅調推移を眺め、上げ幅を拡大した。東京ゴールドスポットは、58円高の4460円。銀も高寄り後、一段高。17年6月先ぎりは一時、1年半ぶりの高値となる69円20銭を付けた。終値は、3円10銭~5円40銭高。白金は4営業日続伸。軒並み急伸して始まり、高値圏でもみ合った。17年6月先ぎりは97円高の3501円、ほかが86~96円高で取引を終えた。パラジウムは22~35円高と堅調。