金 3,016円 (+16)

プラチナ 3,808円 (+89)

[7/27]金・プラチナ共に上昇。これといった材料がない中、NY外為市場でユーロが対ドルで上昇するのを眺めて金は買われました。一時は約1ヶ月半ぶりの高値になる960ドルを付けましたが、終盤にかけてドルが買い戻されると上げ幅を縮小して引けました。商いは薄く低調気味です。プラチナは景気回復への期待感から、工業需要が増えるとの思惑から買いが継続して上昇して引けました。