金 2,999円 (+22)

プラチナ 3,706円 (+59)

[7/23]金・プラチナ共に上昇。朝方は堅調に推移して始まりました。しかし終盤にかけてNY株式市場の上昇より、金売りに押されて小幅高で引けました。本日発表された米中古住宅販売件数が予想を上回り、NY原油先物相場の上昇でインフレ懸念が強まりましたが、外為市場でドルが対ユーロで上昇すると金の魅了が薄れたようです。プラチナはNY株式市場の上昇で、工業需要が増えるとの見方から上昇して引けました。