金 2,977円 (+44)

プラチナ 3,694円 (+65)

[7/20]金・プラチナ共に上昇。これといった材料のない中で、外為市場でユーロが対ドルで上昇したことや、原油先物相場の堅調を眺めて金は買われて上昇しました。インフレ懸念の浮上と、インドの婚礼シーズンに加えて原油高やドル安で相場が上昇すると見る市場関係者が多いようです。プラチナは米株価の上昇に伴い、景気先行きへの見通しの明るさから、工業需要が増加するとの期待で上昇して引けました。