金 2,933円 (-20)

プラチナ 3,629円 (-29)

[7/16]金は下落。プラチナは上昇。これといった材料のない中で、前日2週間ぶりに高値に上昇したことによる利食い売りに押されて小幅安です。 外為市場でドルが対ユーロなど主要通貨に対して強含んだことや、米株式市場が堅調に推移したことも下落要因につながりました。プラチナは景気回復の見通しから工業需要が高まるとの思惑から上昇して引けました。