金 2,832円 (-12)

プラチナ 3,400円 (-9)

[7/10]金・プラチナ共に下落。原油相場の下落でインフレ懸念が後退し、外為市場でドルが対ユーロで堅調に推移している嫌気から売りが先行しました。終盤にかけて株式市場の軟調推移や、安値拾いの買いで下げ幅を縮小して引けました。プラチナも金の軟化に連動しましたが、売り一巡後は押し目買いが入って小幅下落して引けました。