金 2,908円 (-32)

プラチナ 3,491円 (-152)

[7/7]金は上昇。プラチナは下落。NY貴金属市場の金は上昇しました。5月の独製造業受注が好調なことを背景に、外為市場でユーロが対ドルで上昇しました。そして景気の先行きに対する懸念が再燃、資金の逃避先として金は買われたようです。ですが、明日イタリアで開催される主要国首脳会議(G8)を前にして、模様の眺めが全般的に広がりました。プラチナは景気先行きへの懸念と、自動車向けの触媒需要減少への懸念が台頭して下落しました。