金 4,722円 (-20)

プラチナ 3,672円 (-22)

3/25、ニューヨーク市場の金相場は聖金曜日に伴う祝日のため休場。東京貴金属の金相場は5営業日ぶりに反発。終値は、中心限月2017年2月先ぎりが前日比15円高の4408円、他限月は9~16円高。日中立ち会いは、24日のニューヨーク金相場が、東京の日中終値時点を上回って終了した上、為替相場の円安・ドル高を受け、小じっかりで始まった。その後は、円安進行を眺め、水準を切り上げた。東京ゴールドスポット100は9円高の4437円。銀は期先2限月が50銭高。白金は34~44円安と続落。NY安を受けて安寄りした後、午前は円安を映して下げ渋ったが、午後は戻り待ちの売りに安値を切り下げた。17年2月先ぎりは3424円まで下落し、3週間ぶりの安値を付けた。パラジウムは期近6月きりと期先3限月が15円安~3円高で引けた。