金 2,945円 (+12)

プラチナ 3,693円 (+14)

[6/23]金は上昇・プラチナは下落。外為市場のドルの動向を睨む展開のなか、朝方はドルが対ユーロで上向くと軟調に推移しましたが、終盤に原油先物相場の反発と、ドルが弱含むと金も上昇てして引けました。これといった材料も無い薄商いのなか、市場関係者の多くは24日発表の米公開市場委員会(FOMC)の声明を控えて商いを手控えているようです。