金 3,152円 (+54)

プラチナ 4,082円 (+170)

[6/4]金・プラチナ共に上昇。米失業保険受給者の総数が改善を示したことから、インフレ懸念の高まりに加えて、NY原油先物相場の上昇や、前日迄の売られ過ぎによるテクニカルの買いに反発して金は引けました。プラチナは米ゴールドマン・サックスが2009年後半の自動車販売が増加するとの見通しを示し、自動車用の触媒需要が増加するとの見方が強まって大幅続伸して引けました。