金 3,089円 (+76)

プラチナ 3,687円 (+103)

[5/28]金・プラチナ共に上昇。欧州圏で景気回復ムードが浮上、外為市場でユーロが対ドルで上昇したことや、原油高やインフレ懸念の台頭などを材料にファンド筋中心に買いが入りました。プラチナは苦境に陥る米自動車業界の動向に注目が集まる中で、金の上昇に引っ張られる形で上昇して引けました。