金 3,013円 (-3)

プラチナ 3,584円 (-10)

[5/27]金・プラチナ共に変動なし。為替市場や株式市場の動向を眺めながら売り買いが交錯するなか、前日と変わらない状態で引けました。4月の米消費者信頼感指数が良好で引き続き弱材料視された他、950ドルの節目を巡って思惑を交錯していることから様子見気分が強まったようです。