金 3,016円 (-10)

プラチナ 3,594円 (-10)

[5/26]金・プラチナ共に下落。前週末はメモリアルデーに伴う3連休を前に資金逃避の動きが強まり、約3ヶ月ぶりの高値引きとなりましたが、連休明けは利益確定による利食い売りが活発化しました。外為市場でのドルの堅調地合いや、ロシアの産金量が増加するとの見通しも弱材料に繋がりました。