金 2,988円 (+35)

プラチナ 3,060円 (+34)

[5/21]金・プラチナ共に上昇。金は原油先物相場の反落や、利益確定の売りに押されて軟調に推移しましたが、その後に外為市場でドルが対ユーロで下落。欧米の株式市場による景気後退観測で下落すると、これらを眺めて反転して上昇して引けました。プラチナも景気後退懸念から工業需要が減少するとの観測から一時下落しましたが、終盤に金の上昇に連動して引けました。