金 2,953円 (+18)

プラチナ 3,026円 (+18)

[5/18]金は下落。プラチナは上昇。原油相場の上昇や外為市場でドルが対ユーロで軟調。以上を背景に金買いが先行しました。その後は欧米の株式市場が急伸すると、安全資産としての金の魅力が薄まり売り優勢の展開に押されて下落して引けました。プラチナは株式市場の上昇で自動車業界の先行きが明るくなったとの見方が強まって上昇して引けました。