金 3,024円 (+28)

プラチナ 3,779円 (+58)

[5/7]金・プラチナ共に上昇。金は安全資産としての需要高に注目が集まって上昇しました。原油相場の上昇でインフレ懸念が高まり、欧州中央銀行(ECB)の行った金融政策が好感、ユーロが対ドルで上昇したことも支援材料になりました。ですが終盤にかけて上げ一巡後、利益確定の売りに押されて上げ幅を縮小して引けました。