金 2,923円 (+10)

プラチナ 3,591円 (+19)

[4/30]金・プラチナ共に下落。昨日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が、米国の景気底打ち期待感を若干高める内容に加え、欧米の株式市場の堅調に、安全資産としての金の需要が低迷するとの見方が広がり、利益確定の売りが優勢となりました。終盤は株式市場が軟調に推移すると下げ幅を縮小しました。商いは低調気味です。