金 2,961円 (+7)

プラチナ 3,779円 (-45)

[4/24]金は上昇。プラチナは下落。外為市場でドルが軟調に推移しているのを眺めて、ファンド筋の買いが先行。中国が金準備高を2003年比で75%増となる、1054トンに増加させた事を発表したことも支援材料に繋がりました。多くの市場参加者は主要7カ国財務相.中央銀行総裁会議(G7)の声明を見極めたいとの思惑で上値は抑えられたようです。