金 4,892円 (+186)

プラチナ 4,956円 (+115)

12/1、東京貴金属の金相場は急落。中心限月2015年10月先ぎりが前週末比100円安の4394円、他限月は98~102円安で取引を終えた。日中立ち会いは、先週末28日のニューヨーク金先物相場が、欧米原油の棒下げに追随して大幅続落したことから、手じまいや弱気の売りが先行して始まった。その後は、利食い買いなどに安値からは戻したものの、売り圧力は強く、軒並み100円内外安で引けた。銀は4円30銭~4円70銭安。15年4月きりは出合いがなかった。白金は3営業日続落。NY安を受けた手じまい売りが先行し、15年10月先ぎりが58円安の4587円、他限月は43~59円安。パラジウムは約定された期中、期先の4限月が12円安~20円高で引けた。