金 3,020円 (+45)

プラチナ 3,662円 (+60)

[3/31]金・プラチナ共に上昇。朝方はNY株式市場が年度末による調整買いで上昇したことを背景に、軟調に推移する場面も見られました。その後は前日までの下落に対する買いと、ユーロが対ドルで上昇したことで金は買われました。市場では主要20カ国の地域(G20)による緊急首脳会合(金融サミット)を前に、手控えムードが広がっているようです。