金 3,023円 (-33)

プラチナ 3,679円 (-28)

[3/27]金・プラチナ共に下落。欧州中央銀行(ECB)による金融緩和観測で、ユーロが対ドルで18日以来の安値をつけ、ユーロがドルに対して急落したことを背景に金は売られました。NY原油先物相場の下落や、週末を控えたポジション調整も圧迫材料になりました。プラチナも最近の上伸に対するテクニカル売りと、金に連れ安となり下落して引けたようです。