金 4,554円 (-6)

プラチナ 4,979円 (+12)

4/18、ニューヨーク市場の金相場は聖金曜日(グッドフライデー)で祝日のため休場。東京貴金属の金相場は反落。中心限月2015年2月先ぎりは前日比10円安の4260円、他限月は同6~12円安。日中立ち会いはニューヨーク金先物相場の頭重さを受けた買方の手じまいなどに安寄りし、その後は円安を眺めた買い戻しが入ったが長く続かず、再び地合いを緩めて取引を終えた。銀は出会いのあった期中8月きりと期先2限月が同10~60銭高。白金は大幅続落。南ア産金大手のスト収拾に向けた動きが伝えられたほか、円相場の強含みが下げ要因となった。終値は同71~81円安。パラジウムは出合いのあった当ぎりと期先2限月が同21円安~3円高。