金 3,032円 (-23)

プラチナ 3,588円 (+11)

[3/24]金・プラチナ共に下落。外為市場でドルの堅調を眺めて金が売られました。金融不安が後退してリスク許認度が増しつつある中、安全資産としての金買いから株などリスク資産へ乗り換える動きが目立ち、ファンド筋が利益確定の売りの展開が続きました。