金 4,626円 (+38)

プラチナ 5,116円 (+8)

4/4、東京貴金属の金相場は3営業日ぶりに反落。中心限月2015年2月先ぎりは前日比22円安の4304円、他限月は同20~24円安で取引を終えた。日中立ち会いは、3日のニューヨーク金先物相場がドル高や米景気改善期待を背景に下落したのを受け、手じまい売りが先行して始まった。その後は、米雇用統計の発表を控えてNY時間外と円・ドル相場の動きが乏しく、小幅なレンジでもみ合った。銀は期先2限月が同70~80銭安で終了。白金は反落。安寄り後、戻り歩調を強める場面もあったが、軟調なNY時間が重しとなり、弱地合いを脱することができなかった。終値は同14~22円安。パラジウムは同14円安~5円高とまちまち。4月当ぎりは取引が成立しなかった。