金 3,040円 (+45)

プラチナ 3,462円 (+113)

[3/20]金・プラチナ共に下落。外為市場でのドルの上昇で、金は利食い売りに押されて下落しました。米連邦準備制度理事会(FRB)による長期国債買い付けが引き続き材料視され、時間外取引では一時960ドルを越えましたが、週末という要因からポジション調整の動きが活発化し、ファンド筋の売りが優勢となりました。