金 4,630円 (+18)

プラチナ 5,075円 (0)

3/10、東京貴金属の金相場は反落。中心限月2015年2月先ぎりは前週末比59円安の4411円、他限月は同51~61円安で取引を終えた。日中立ち会いは、先週末7日のニューヨーク金先物相場が堅調な米雇用統計を背景に下落したのを受け、手じまい売りが先行して始まった。その後は、軟調なNY時間外を眺め、安値圏でのもみ合いが続いた。銀はNY安を映し、同2円10銭~2円90銭安で引けた。期近6月きりは取引が成立しなかった。白金は5営業日ぶりに反落。安寄りした後もNY時間外安が重しになり、売り優勢で推移した。終値は同49~59円安。パラジウムは同20円安~15円高で終了。期近6月きりは出合いがなかった。