金 4,534円 (-14)

プラチナ 4,926円 (-55)

2/27、東京貴金属の金相場は5営業日ぶりに反落。2015年2月先ぎりが前日比50円安の4375円、他限月は同47~51円安で取引を終えた。日中立ち会いは、26日のニューヨーク金先物相場が堅調な米経済統計やドル高・ユーロ安を背景に下落した流れを引き継ぎ、安寄りした。その後は、NY時間外相場とドル円相場が小幅な値動きにとどまっていることから決め手を欠き、もみ合いが続いた。銀はNY安を映し、同2円30銭~2円80銭安と続落。期近6月きりは出合いがなかった。白金は同28~39円安と5営業日ぶりに反落。NY安につれて手じまい売りが先行して始まった後、弱含みに推移するNY時間外を眺め、マイナス圏で推移した。パラジウムは出合いのない4月当ぎりを除き、同10~45円安。