金 3,000円 (-7)

プラチナ 3,384円 (+4)

[3/3]NY外為市場のドル高を眺めて売られ、世界的に株式市場の下落傾向の中、投資家の間で手元の資金を確保する思惑が広がり、金市場において利益確定の売りが先行して下落。一時910ドルを割り込む安値を付けました。プラチナも依然として米経済の先行き不透明感が根強く、工業需要の減退観測再燃で大幅下落して引けました。