金 2,864円 (+19)

プラチナ 3,161円 (+19)

[2/13]外為市場でドルが上昇、米国の3連休及び先進7カ国財務相・中央銀行総裁(G7)を控えて様子見ムードが漂う中、最近の上昇に対する反動や、週末要因によるポジション調整から利益確定の売り物が先行し金は下落しました。金ETF(上場投資信託)は依然高水準で、安全資産としての金買いの流れは根強いと見る市場関係者は多いようです。プラチナはNY株式市場の軟調に嫌気した利食い売りに押され下落して引けました。