金 2,725円 (-49)

プラチナ 2,948円 (-20)

[2/9]米オバマ政権による景気対策法案への期待感の高まりから、これまで金が買われる主要因の一つとされていた安全資産としての魅力が減退。利益確定の売りに押され900ドルを割り込む展開となり金は下落しました。市場では景気対策法案が明日にでも上院を通過するとの見通しから、相場を下押ししたと見る向きが多いようです。