金 2,756円 (+59)

プラチナ 2,887円 (+61)

[2/5]欧州中央銀行(ECB)定例理事会で金利決定がされましたが、トリシェ欧州中央銀行総裁が追加利下げの可能性を示した事や、イングランド銀行の0.5%利下げが強材料視されて金は上昇しました。ゴールドマンサックスの金価格予想が、以前の700ドルから1000ドルへと上方修正されたことも買いを誘いましが、終盤にかけてNY株式市場の上昇を眺めて上げ幅を縮小。