金 4,702円 (+12)

プラチナ 4,397円 (+11)

12月25日、休場東京貴金属の金相場は4営業日ぶりに反発。2013年10月きりは前営業日比52円高の4517円、新ポ13年12月先ぎりは発会値と同じ4519円で取引を終えた。24日のニューヨーク金先物相場が、先週末21日の東工取の大引け時点の水準を上回ったことや円の引き緩みを受け、手じまい買いが先行して始まった。その後、円相場が東工取の寄り付き時付近で推移したため、日中始値を挟んでもみ合った。他限月の終値は同51~54円高。銀は前営業日比90銭~2円30銭高と4営業日ぶりに反発。新ポ13年12月先ぎりは発会値に比べ40銭高で終了。白金も前営業日比37~41円高と4営業日続伸。新ポ13年12月先ぎりは発会値比12円高の4261円。手じまい買いが先行して始まった後、円安基調を眺めて上げ幅を広げた。パラジウムは前営業日比32~46円高と堅調。新ポ13年12月先ぎりは始値比1円安で大引けた。