金相場・プラチナ相場推移(国内):2008年5月

日付/品位 プラチナ
2008/5/1 ¥3,041 ¥6,688
2008/5/2 ¥2,969 ¥6,447
2008/5/7 ¥3,077 ¥6,831
2008/5/8 ¥3,040 ¥6,866
2008/5/9 ¥3,056 ¥7,032
2008/5/12 ¥3,045 ¥7,113
2008/5/13 ¥3,060 ¥7,260
2008/5/14 ¥3,034 ¥7,160
2008/5/15 ¥3,037 ¥7,146
2008/5/16 ¥3,076 ¥7,224
2008/5/19 ¥3,145 ¥7,450
2008/5/20 ¥3,149 ¥7,462
2008/5/21 ¥3,171 ¥7,470
2008/5/22 ¥3,208 ¥7,596
2008/5/23 ¥3,190 ¥7,513
2008/5/26 ¥3,198 ¥7,535
2008/5/27 ¥3,208 ¥7,550
2008/5/28 ¥3,159 ¥7,281
2008/5/29 ¥3,150 ¥7,263
2008/5/30 ¥3,105 ¥7,020

金相場・プラチナ相場推移(NY市場):2008年5月

日付/品位 プラチナ
2008/5/1 $865.10 $1,935.20
2008/5/2 $850.90 $1,882.30
2008/5/7 $877.70 $1,969.80
2008/5/8 $871.20 $1,969.00
2008/5/9 $882.10 $2,042.30
2008/5/12 $885.80 $2,101.80
2008/5/13 $884.90 $2,123.30
2008/5/14 $869.60 $2,073.40
2008/5/15 $866.50 $2,039.10
2008/5/16 $880.00 $2,076.90
2008/5/19 $899.90 $2,132.00
2008/5/20 $912.70 $2,158.20
2008/5/21 $920.20 $2,147.80
2008/5/22 $928.60 $2,221.10
2008/5/23 $918.30 $2,183.30
2008/5/26 $925.80 $2,176.30
2008/5/28 $907.90 $2,128.10
2008/5/29 $900.50 $2,066.90
2008/5/30 $881.70 $1,990.20

金相場推移グラフ(国内):2008年5月

金相場推移グラフ(国内):2008年5月

プラチナ相場推移グラフ(国内):2008年5月

プラチナ相場推移グラフ(国内):2008年5月

金相場推移グラフ(NY市場):2008年5月

金相場推移グラフ(NY市場):2008年5月

プラチナ相場推移グラフ(NY市場):2008年5月

プラチナ相場推移グラフ(NY市場):2008年5月

2008年5月|貴金属市況ニュース

5/30

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 891.50 +9.80
PT 2013.80 +23.60
NYドル/円 105.54円

週末NY貴金属市場の金は、上昇。朝方は一時軟調に推移する場面もあったが、外為市場でドルが対ユーロで下落したことや、原油が堅調気味に推移したことが強材料となって、投機筋や、ファンド筋が買いを入れた。一方、プラチナも下落後に反発に転じ2000ドルを回復して引けた。

5/29

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 881.70 -23.3
PT 1990.20 -76.70
NYドル/円 105.59円

NY貴金属市場の金は、下落。外為市場でドルが対ユーロで上昇したことや、原油先物相場が大幅安となり、これを受けて金も急落した。昨日終盤に回復した900ドルを大きく下回り、887ドル近辺に集中していたストップロスの売りを巻き込んで一段安となった。一方、プラチナも金の動きにつれて急落し、3週間ぶりに2000ドルを割り込んだ。

5/28

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 900.50 -7.40
PT 2066.90 -61.20
NYドル/円 104.69円

NY貴金属市場の金は、下落。朝方は原油安を嫌気した売りに続落して始まり、外為市場でドルが主要通貨に対して上昇したことで、割安感が強まり利食い売りを促す要因となった。終盤、原油相場がやや反転したことで、引けにかけて一部値を戻した。一方、プラチナも金や他の商品の下落に伴いファンド筋からの売りが出た。

5/27

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 907.90 -17.90
PT 2128.10 -48.20
NYドル/円 104.31円

3連休明けNY貴金属市場の金は、下落。朝方、軟調に推移した後、 欧州の景況感指数が予想外の低調を示し、ユーロが対ドルで軟調に推移。ドルの強含みに押され、金は下げ幅を広げた。原油先物相場が1バレル=130ドルを割り込み、インフレヘッジとしての買いが控えられた。一方、プラチナも金の下落に追随して売られた。

5/26

NY貴金属=休場。
終値($/OZ)
金 休み
PT 休み
NYドル/円 休み

週明けNY貴金属、外為、株式市場は、メモリアルデー(戦没者記念日)のため休場でした。尚、ロンドン市場もバンクホリデーで休場。5月27日、午前8時30分現在のシドニー市場は、金929.40$、為替103.47円で推移してます。

5/23

NY貴金属=金、上昇。プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 925.80 +7.50
PT 2176.30 -7.50
NYドル/円103.35円

週末NY貴金属市場の金は、上昇。原油先物相場の反発と、米景気の先行き不透明感を背景に、外為市場でドルが対ユーロに対して弱含みに推移したことから金が買われた。市場では、最高値が続く原油相場やドル安地合いを背景に、今後も金は安全な資産の逃避先として買われる可能性が強いと見る向きが多い。

5/22

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 918.30 -10.30
PT 2183.80 -37.30
NYドル/円 104.15円

NY貴金属市場の金は、下落。原油先物相場の軟化と、外為市場でのドルの強含みで反落。朝方は4月18日以来の高値である935.40ドルまで上昇したが、原油先物も一時、135ドルを突破し史上最高値を更新、その後、利食い売りに押されて軟化、これを眺めてインフレヘッジとしての金の需要が後退した。

5/21

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 928.60 +8.40
PT 2221.10 +73.30
NYドル/円 103.06円

NY貴金属市場の金は、上昇。原油先物相場の高騰に加え、外為市場のドル安を背景に続伸。NY原油先物市場では米国在庫の大幅減少を受けてひっ迫懸念が強まり、一時134ドルを突破、インフレ懸念が強まる中、ドル安を追い風に大量のヘッジ買いが台頭した。

5/20

NY貴金属=金、上昇。プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 920.20 +14.40
PT 2147.80 -10.40
NYドル/円 103.65円

NY貴金属市場の金は、上昇。原油先物相場が史上最高値1バレル=129ドルを突破。朝方発表された4月の米卸売物価指数(PPI)のコア指数が市場予想を上回ったことで株式が売られ外為市場でドルが下落。これらを眺めて金が買われた。

5/19

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 912.70 +5.90
PT 2158.20 +26.20
NYドル/円 104.33円

週明けNY貴金属市場の金は、上昇。原油先物相場が引き続き最高値圏で推移したのを眺め、インフレ懸念から金が買われたが、終盤、4月の米景気先行指数が0.1%上昇と、市場の事前予想より強めの内容となり外為市場でドルが反発、これを眺めて利食い売りに押され上げ幅を縮小した。一方、プラチナは供給ひっ迫懸念から上昇した。

5/16

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 899.90 +19.9
PT 2132.00 +55.1
NYドル/円 104.08円

週末NY貴金属市場の金は、上昇。外為市場のドル安や、原油高を背景にファンド筋の買いが膨らんだ。一時は900ドルを回復する場面も見られたが、買い一巡後は高値から反落に転じた。NY外為市場でドルが下落。米消費者信頼感指数が大きく低下し、年内利上げ観測が後退。

5/15

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 880.00 +13.50
PT 2076.90 +37.80
NYドル/円 104.72円

NY貴金属市場の金は、上昇。手掛かり材料不足から神経質な展開のなか原油先物相場の高止まりを背景に技術的な買いやショートカバーが入り上昇して引けた。 商いは低調。一方、プラチナは供給不足見通しを背景に押し目買いが入った。

5/14

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 866.50 -3.10
PT 2039.10 -34.30
NYドル/円 105.11円

NY貴金属市場の金は、下落。朝方は小幅安で推移した後、買戻しで反転する場面もみられたが、終盤、原油先物相場の下落や外為市場のドル高を眺めて金は売られ、3営業日続落して引けた。これといった材料もなく商いは低調。NY外為市場で円が下落。

5/13

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 869.60 -15.30
PT 2073.40 -49.90
NYドル/円 104.73円

NY貴金属市場の金は下落。外為市場では、予想よりも底堅い米小売売上高を眺めてドルの買戻しが進行し、金相場を圧迫した。一方、原油先物相場も早い段階ほぼ横ばいで推移し、インフレヘッジとしての金の魅力が後退した。終盤、原油相場が再び最高値を塗り替えたが相場には影響を与えなかった。

5/12

NY貴金属=金小反落、 プラチナ続伸。
終値($/OZ)
金 884.90 -0.90
PT 2123.30 +21.50
NYドル/円 103.86円

NY貴金属市場の金は、小反落。週内に住宅統計、インフレ指標の発表を控え、一服状態。中国で大地震が発生したが、市場では材料として特段注目されず、薄商い。

5/9

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 885.80 +3.70
PT 2101.80 +59.5
NYドル/円 102.85円

週末NY貴金属市場の金は、上昇。朝方は軟調に推移した後、方向感の乏しい展開続くなか、終盤、原油先物相場の上昇を眺めて買いが入り小幅上昇して引けた。一方、プラチナはおう盛な投資需要を背景にUBSが長、短投資向けの2種類の上場有価証券を立ち上げたとの報で大幅上昇して引けた。NY外為市場でドルが下落。

5/8

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
金 882.10 +10.90
プラチナ 2042.30 +73.30
NYドル/円103.77円

NY貴金属市場の金は、上昇。原油高や外為市場でドルが軟調に推移したことで金は買われた。イングランド銀行(英中央銀行)と欧州中央銀行(ECB)が金利を据え置いたことを受け、ドルが弱含んだ。金は、利食い売りの圧力がある一方、原油高に伴うインフレ懸念も根強く、当面方向感を探る展開になるとの見方が強い。

5/7

NY貴金属=金、プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 871.20 -6.50
プラチナ 1969.00 -0.80
NYドル/円 104.77円

NY貴金属市場の金は、下落。朝方は外為市場において、欧州の景気悪化を示す経済指標を受けてユーロ安が進行し対主要通貨でドルが強含んだ。これを眺めて金は売られたが終盤、原油先物相場の最高値更新を背景に買い戻しが入り、下げ幅を縮小した。

5/6

NY貴金属=金、プラチナ上昇。
終値($/OZ)
金 877.70 +3.60
プラチナ 1969.80 +42.4

NY貴金属市場の金は、上昇。外為市場でドルが対主要通貨に対して軟化したことや、原油高に伴うインフレ懸念が強まったことから金が買われ上昇して引けた。しかし、終盤にかけ国際通貨基金(IMF)の理事会が110億ドル超の金売却を含む増収策の報が重しとなり上げ幅を縮小した。

ページの先頭へ